2018年5月20日日曜日

〇5-19(土) 岐阜県関市板取「根道神社」《モネの池・名もなき池》

〇朝天気予報で土曜日の天気は悪くないと言ったので、9時半《モネの池》を目指して飛び出した。午後1時(多分)、根道神社に到着。山奥なのに人出が多い。ネット人気、ネットの力だろう。
 ↓根道神社

 ↓左の岡の上に社があり、右の茂みの中に小池がある。


 本殿は覆い屋付き。本殿丸見えで、こんな構造の覆い屋なら大いに歓迎。
 ↓境内から見た《名もない池》 手前の人の列が囲んでいるのがそう。
 〇名もない池・モネの池
山に降った雨が地下水となり、この池のどこかで湧き出しているのだろう。水が清らかで心が洗われる。人を惹き付けるのは、この清らかさだろう。






鯉もこの池ではただの鯉ではない。神の使いの清らかさを備える。その存在と動きが池の絵画的魅力を引き立てる。尤も鯉の清らかさも、元は水の神秘的な清らかさに依る。





   

    

     





  



    











2018年5月19日土曜日

〇5-19(土) 朝思い立って岐阜県関市に向かった。目指したのはネット界で有名な「モネの池(名もない池)」。ついでに「新長谷寺」を再訪

「モネの池(名もない池)」は岐阜県関市の「根道(ねみち)神社」の前に在る。平成の大合併前は板取村だったらしく、山奥にある。山奥なのに、観光客が沢山来ていた。湧水が造っている池と見えて清らかな水が美しい。蓮の葉も少しだが浮かんでいる。鯉が彩と動きを与える。池は小さい。が、不満不足の声は聞かない。
家に戻る前に、折角関市に来たついでに「新長谷寺(しんちょうこくじ)」を再訪することに。重文建造物が本堂・三重塔等堂塔堂宇が七棟、客殿も含めると八棟あるという奇跡のような寺院。それで気位が高過ぎて、全国で唯一「境内絶対撮影禁止」。理由は、境内は観光地ではなく神聖な霊場であるからとか。ボクは前回禁止の理由が気に食わず腹を立ててこの寺を後にしたが、今回はカメラを手にせずに参詣してみることに。随所に立てられた撮影禁止の立札にやっぱり違和感・不快感を覚えたが、堂塔堂宇群はどれも品格があり美しくて重文の価値は十分ある。真言宗智山派。
関市の根道神社から同じ関市の新長谷寺に行くのに、美濃市の中心部を通った。地理的に何か変な感じがしたが、そう言えば関市の市域の形がすこぶる変なのを思い出した。バルカン半島の付け根にあるすこぶる変な形の国・ボスニアヘルツェゴビナを上下ひっくり返したような形。興味のある人は、関市の市域の検索をして見られたら面白い。
↓赤いのが関市(Wikiより)。抱え込まれているのが美濃市
面白いと言えば、沼田市の形も大いに変ですよ↓(Wikiより)。
変な形ができるのはすべて人為。
夕方6時半帰宅。

2018年5月17日木曜日

〇5-1(火) 日光「龍頭(りゅうず)の滝」

〇右・湯の湖から湖水は湯滝となって落下し、戦場ヶ原を湯川となって南西に流れ、左・中禅寺湖に近づいた赤い現在地で「龍頭の滝」となって落下する。華厳の滝は中禅寺湖から直接落下し大谷(だいや)川となる大滝。

 ↓湯川。この後、龍頭の滝となって落下する
 ↓龍頭の滝の始まり



 ↓ここから滝の流水は二手に分かれる
 ↓別れてしばらくは流水は姿を隠す。そして観音堂の背後でまた姿を現す。その時は龍の鼻先の二本のひげのように見えるので「龍頭の滝」の名がある。真ん中の大岩が龍の鼻先に見える
 向かって右の滝
 左の滝
 滝の前の龍頭観音堂

この先、流水は中禅寺湖に流れ込む