2017年3月29日水曜日

〇3.18(土)彦根市「長寿院弁財天堂」、重文・弁財天堂

〇彦根市で先ず千代神社を探訪し、それから重文・弁財天堂に向かった。これが難行だった。国道から入って行く道が見当たらない。やっとのことで↓地図の赤色・現在地まで辿り着いた。が、何とJR東海道本線を渡らねばならない。車を乗り捨てることになるが、駐車場がない。ボクはハリアーを狭い小路の路傍に寄せて停めて歩き出した。
 ↓鳥居の向こうにJR東海道本線の踏切がある。鳥居の背後の山の上に弁財天堂が在る

 電車が頻繁に往来する
 ↓踏切を渡ると地蔵堂があり、
 直ぐに苦手の石段登りが始まる。それも半端な登りではない。


 ↓ようやく楼門が見えてきた

 ↓楼門は二天門。右に毘沙門天、
 左は「ただいま保存修理を行っております」
 毘沙門天(多聞天)は北の守護神だから、これは南の守護神・増目天だろうか。
 ↓楼門を潜ると、境内側にも守護神がいた。これは狐か犬か。多分狐だろう
 ↓境内から見た楼門

 ↓楼門前から見た弁財天堂・右と、左に名の知れぬ御堂
 ↓楼門前から見た左・弁財天堂と右・阿弥陀堂
 ↓弁財天堂・本堂。重要文化財



 ↓本堂の後ろに礼堂が見える。重文
 ↓礼堂
 ↓本堂前の賽銭箱・大鈴の所から礼堂内が見えて、本尊の弁財天像が見えた。
 ↓本堂の左に建つ名の知れぬ建物
 ↓宝蔵。校倉造り
 ↓小高い所に阿弥陀堂


 ↓阿弥陀堂から見た弁財天堂・本堂
 ↓阿弥陀堂から見た楼門と宝蔵
 ↓弁財天堂・礼堂の背後に奥ノ院がある
 奥の院
〇奥の院から佐和山に達するハイキングコースがある。後日知ったが、左和山の麓にある清凉寺の前から弁財天堂に至る車道がついているそう。だが、表参道はあくまでJR東海道本線の踏切を徒歩で渡るルート。滋賀県指定の文化財は、楼門・宝蔵・阿弥陀堂・経蔵の四件だが、経蔵はその車道を登って来ると会えるらしい。清凉寺は彦根・井伊家の菩提寺で曹洞宗寺院。一度訪ねたことがある。機会があったら車道から弁財天堂に登ってみよう。

〇3.12(日)滋賀県高良町「高良(こうら)神社」、重文・権殿

〇帰りがけの駄賃にもう一つ重文建造物のある神社に立ち寄る。高良神社。

 ↓鳥居を潜るとすぐ右側に大きな宝蔵がある。多分神輿舎だろう。祭りは盛大だろう
 ↓拝殿

 ↓拝殿背後の拝門・幣殿・本殿
↓本殿。神明造は珍しい
↓本殿に向って左に建つ・摂社本殿。神明造
↓本殿の右に立つ摂社本殿。神明造
↓重要文化財・権殿(ごんでん)。旧本殿だったが、本殿新築の際に本殿の横(瑞垣の外)に移築された。

 一間社だが、堂々としている。流造・檜皮葺(ひわだぶき)




2017年3月28日火曜日

〇3.12(日)滋賀県湖東愛荘町「豊満(とよみつ)神社」、重文・四脚門

〇この日、野洲市「生和神社」を南下の限りにしてUターンして帰路に就いた。帰る途中、二つの神社に立ち寄った。その一つが「豊満神社」
↓立派な大鳥居と参道
 ↓重文・四脚門。鎌倉時代後期の建立


 四脚門は通行止め

 ↓四脚門の両脇に空いているこの潜り門から出入りする
 ↓境内。正面に拝殿
 ↓拝門と本殿


 ↓「美人の木」があるそう。
 ↓この小さな鳥居を潜って行くと「美人の木」があるらしい。
 ↓穢れ落としの輪の向こうに美人の木がある。
 ↓これが美人の木。脚線美なのか、とにかく綺麗な線を愛でて触って欲しいらしい。こんなお呪いが生まれたのは神社名にあるようだ。豊満神社、これは正式には「とよみつ神社」と読むのだが、「ほうまん神社」と呼ばれることが多いそう。豊満な女性=美人の女性のイメージからこのお呪いが生じたらしい。因みに昔は豊満さが美人の大事な必要条件だった(今は細身が美人の必要条件となっているようだが)。